まつ毛と美白治療と金時豆について

しっかり甘さのある煮豆にした金時豆が、美肌にも良いと聞いたら、甘いの大好きな女の子にとっては朗報です。金時豆は、ポリフェノールも豊富な美肌食材でもあります。ポリフェノールは塩外苑対策にもなりますし、体内を流れる血液も、サラサラにする効果があります。血行が良いと冷え性も良くなりますし、予防としても取り入れてみるといいです。インゲン豆の一種であり、大豆よりも含まれる食物繊維の量は多いです。ですから、食物繊維の宝庫でもあるのが金時豆です。活性酸素吸収能力に関しては、ほかの豆類の中でもトップクラスになります。赤ワインと比べてみても、1.5倍という数字です。

美容皮膚科や美容外科クリニックでは、ホワイトニングを目的とした美白治療もメニューに加えています。美白治療のやり方もさまざまで、美容医療マシンのレーザー治療で、肌を白く透明感なる状態にしていく方法もあります。レーザーによる美h口料は、真皮層をレーザー照射で刺激していき、シミになるメラニン色素を少なくさせて行くことができます。レーザーでの美白治療は、回数を重ねていくことで、肌のくすみなども解消していきます。皮膚の細胞を活性化させますから、キメも整った素肌へと導かれます。

まつ毛エクステをサロンで装着したら、その日は注意をしたいことがあります。そのまま直行で自宅に帰っても、すぐに顔は洗わないことです。サロンでまつ毛エクステの接着を乾かしますが、それは一時的なもので、キチンと付くまでには時間がかかります。ですから、まつ毛エクステを落とさないためにも、装着後は4時間から5時間は洗顔はしないことです。時間が経過してからの洗顔でも、目元を強くこすらないことです。

関連記事